殴ってどーする。

時々でいいから思い出してください。トリックスターのこと、遊んだ日々のこと、そして愉快な仲間がいたことを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/9/9アップデート+α

アップデート内容適当に。
あと追記にMotherの話でも載せておきます。
今回文章ばっかりです。ごめんしてね。




◇イベント関連

・三ヶ月連続イベント最終章・・・報酬の装備がちょっと気になります。剣がキーブレードみたいだったんだ・・・。
・10月14日まで。なげえ。




◇オペレーションカード

・闇剣のLv90とLv140がきたみたいです。スロットは1~4。Lv240はきてないっぽい?Lv190でsl4のやつは某掲示板に貼られてましたが、公式発表ではないので本当に存在するか不明。ステータスは、自称闇龍曰く「正直いらない」 sl4なら多少は使い道あるやも。攻撃力はついてないので攻撃型向きではないです。ダークロード専用武器な気がします。
・ポプリ生首再来。
・見た目用に一個あればいい?




◇携帯修正

・携帯電話でゴーストブルーへの移動が可能に!これは便利。
・今までウブス港へ移動していたのが、ウブス港入り口に変更に。こちらは劣化修正か。




◇課金関連

・ガチャコイン15+3販売開始
・新規卵ペット登場
・ブルペン君ファンボックス登場・・・ブルーペンギンのことみたいです。ブルペンってあの投球練習場かと。
・ステータス付きアイテム再登場・・・なんぞこれ?
猫箱販売期間延長・・・はいはい予定調和予定調和。9月24日まで。




◇キャンペーン関連

・ペンギンコンプリートCP・・・ブルペン君じゃないの?ペンギン言うたんな。
・シェリーズブートキャンプ第五弾
・バカレージ第五弾
・カムバックサマー
・ミントの成長合成CP・・・エリクサー5個セット買うと、ヨード卵盾が貰えます。時間性原付。
・あとなんか色々終了



【WEB拍手レス】
>9/8 22:54の方
了解です。詳しいことはまた後ほど。



Motherネタバレ注意→
Motherクリアできました。正直ギーグよりスージーの方が強いんだけど。
スージー+チャージロボとかなった日には泣ける。

しかし久しぶりに良いゲームをしたと思います。
最近のは映像に拘り過ぎてストーリーとか遊び心が見られないからなー。
単にやってるゲームが少なすぎるか、良いゲームに巡り合ってないだけかもしれませんが。

ファミコン時代のものというだけあって、敵の攻撃がハンパなかったのが一番印象的でしたね。
ていうか一撃死使うやつが多すぎんだよ!!
敵は一撃死できるのにこっちからはできないってどういうこと\(^o^)/
ファミコン時代の理不尽さも垣間見れてちょっとホクホク顔です。
しかし・・・Lv30なってないのにクリアできるんだね・・・。
かなーり運要素が強いゲームだったので、戦闘が常に緊張感があって、正直寿命が縮まるわしどんだけチキン/(^o^)\

「このターン防げば・・・!」
「一撃死はやめてー!」
「おいおい、そこで空振るなよw」

等等、攻撃パターンは少ないはずなのに、単調な戦闘にならないのが本当すごいと思う。
補助スキルも充実してるんですが、その補助スキル使う子が1441魔力極並みに柔こくて、使う前に倒されることが度々ありまして、一瞬Mobが自我を持ったのかと思うほど集中攻撃を受けたり、一撃死連発されたり、開幕クリティカル即死とか、こっちから一回も攻撃してないのに「最後の一撃!!!」とかイミフ、お前元気だろ。

以下、印象に残ったモンスターたち。

・おにいさん・・・これモンスターか?このゲームのある意味MVP。 *「おまえのおかあさんはないているぞ!」 せっとくにしっぱいした! など、面白すぎるおにいさん。仲間になったらよかったのに。

・だいウッドー・・・自爆寺壊す。主に顔が怖い。当時は逃げることを知らなかったので、ひたすら倒しては自爆喰らってました。

・ミラコ・・・あの顔でミラ子はねーーよww と思ったら負けですかね。

・ドラゴン・・・話しかけてもテレパシーしても何も反応がなかったのに、メニュー開いてチェックしたら戦えた子。全然戦えなくて、ラスボス直前まで放置したせいで、戦う頃には瞬殺できるまでになってました。哀れ。

・ゆがみはかせ・・・「ゆがみ」と見て真っ先にカバリア堂のゆがみさんが脳裏を

・スターマン・・・即死ってくる厄介な一族。こいつら まじ じちょう。

・がらがらへび・・・最後の一撃でやられました。本気でびっくりした。こええ。

・R・7037・・・むちゃくちゃ強い機械兵。何も知らずに突っ込んでいってぷん殴られました。もちろん即死。

・ブレインガ・・・脳みそだけで動いてるホルマリン漬けさん。PSI攻撃が厄介すぎてもうどうしようも。サイコブロック使ったらけっこう楽に倒せた思い出。

・グリズリー・・・上述した「開幕最後の一撃」の使い手。イミフ。無論即死です。しかもロープで崖を登ってる時に出るとかどういうことだ!

・タイタニアン・・・サソリみたいな姿のモンスター。硬い・高HP・石化とうざいことこの上ないです。顔もきもくて嫌だ。

・スージー・・・このゲームのある意味ラスボス。本物のラスボスより攻撃力高いってどういうことよ\(^o^)/ クリティカルで主人公(一番HPが高い)の最大HP分のダメージ(HP低いキャラなら通常攻撃で即死)・即死攻撃・高防御力・高HP・先制攻撃・回復支援モンスター連れてくる とか鬼かと。全滅しないならおk的な戦闘が怖かった。最初からクライマックスだぜえ。


肝心のストーリーに触れてない件。
自分的にはけっこう急展開な場面が多くて、ついていけないこともしばしば。
スノーマンで風邪を移されまくったのは流石にイラつきましたさ、つきましたとも。
風邪治した瞬間に移された時はもうね/(^o^)\コノヤロウ
そして主人公ぜんそく持ちなのに一回も発作がでなかったという。
がんばったなあ、アミノさん。(主人公の名前。他はデフォ)


『エンディングまで、泣くんじゃない。』

サーセン、バードマンの墓ができた瞬間泣きかけました。
「バードマンは俺が守る!」とか完全に立場が逆転してたなー。
あとイヴが壊れた時もやばかった。

作りこみがすごくて、語りだすと長くなりそうなのでここまで。



Mother 良いゲームでした。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nagurimajanaidesuyo.blog76.fc2.com/tb.php/428-2a5df696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。